プラモタイムカプセル

主にカーモデルのプラモ製作記録です。守備範囲は70年代から90年代のレーシングカーとラリーカー、スーパーカー、いわゆる「旧車」のロードカーなどです。

タミヤ スカイライン GT-R (R32)

こんばんは。

年末から年始にかけて多忙で、2か月半余り、大変しばらくぶりですみません。

 

1/12キットは中々進まないので、ランチアデルタもまだまだ完成できそうにありません・・・。

 

ということで、今回は昨年後半に製作したキットの製作記及び完成写真を披露します。

タミヤ 1/24 スカイライン GT-R (R32)です。

 

先ずはボックスアートから。

ボックスです。

カルソニックを製作して共通部分も多いので、サクサク進めましょう。

先ずはボディ下地処理から行います。

サフ吹きしてヘッドライト周りをプチ改造しました。

テールランプのウインカー部は開孔しました。

ボディ塗装しました。
塗装色はハセガワレシピ(#78メタルブラック+#65インディブルー)で。

マスキングして窓枠塗装しました。

その後のボディ写真を撮り忘れてましたね。

 

シャシー側も製作します。

シャシーを塗装しました。

内装の製作を進めます。

室内を塗り分けました。

室内完成!

ダッシュボードはこの通り。

シャシーに取り付ける部品も仕上げていきましょう。

エンジン周りと排気管、各パーツ塗り分けました。

シャシーにエンジンを載せ、下側の足回り他の部品を取り付けました。

室内パーツを接着して、タイヤを取り付け、シャシー側は完成です。

だいぶん端折りましたが完成披露です。

いつもの左前方から。

左側方から。

左後方から。

後方から。

右後方から。

右側方から。

右前方から。

正面から。
ヘッドライトは太めに黒縁を入れると精悍な目付きになります。

左上方から。

ボンネットを開けて。
バッテリ、ラジエター、エアクリーナ等、カルソニック版よりもエンジンルーム内の密度はあります。

別角度から。

では、製作まとめです。

 

キット: タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.90
     スカイラインGT-R (R32) フルディスプレイモデル

完成年月: 2023年11月

コメント: 
 キットは1989年に実車が発売された直後にタミヤから発売されたものです。
近年発売されたハセガワキットに比べるとボディ形状はタミヤデフォルメがキツイ印象ですが、単品で模型実物を見ると紛れもなくR32 GT-Rですね。また、エンジンも付属しますので値上がりした現在(税別1,900円)でもお得感があります。
 メーカーサイトの完成写真では目元(ヘッドライト)の仕上がりに今一つ感がありますが、太めに黒縁を入れると目元が引き締まって精悍な顔付きになりますのでご参考に。

 

これから徐々に製作ペースを戻していきたいと思いますので気長にお待ちください。

 

では、また。

 

ハセガワ フェアレディZ(Z32) 300ZX 2by2 #0 キットレビュー

こんばんは。

秋です。ホビーショーも終わり、ニューキット発売の季節です。

 

さて、注目のZ32フェアレディZ 2by2がハセガワさんから発売されましたので、早速入手しました。

では、キット内容を見ていきましょう。

 

まずはボックスアートから。

ボックスアートです。オーソドックスですがまさに「Z」です。

パーツのランナー袋詰めはハセガワスタンダードです。

セガワさん標準で、いつものように1袋に詰められています。

説明書、デカール等。ウインドウマスクシール(デカールの下側)も付属します。

袋詰め部品ランナーの写真だけでは何が何やらなので、開封しましょう。

ボディ、シャシー他、赤い部品。

ホイール、内装、足回り、排気管他。

内装、足回り他。

クリアパーツ。

ここで、Z32といえばタミヤの2シーターのキットがありましたね。

ということで、引っ張り出してついでに開封しちゃいました。

タミヤのZ32です。

折角なので比較してみましょう。

ボディの相違は? 一目で幅が違うような気がしますね。
タミヤのボンネットはクリアパーツなのでサーフェーサーを掛けています。)

タミヤのはボディ幅が広いですね。特にフェンダー辺りが。
でもハセガワのは(実車に比べて)メリハリに欠けるような印象です。

フェンダー張り出しが違います。タミヤデフォルメです。
これはこれでカッコイイですが・・・。
セガワのは大人し目というかバンパーからフェンダーにかけての逆Rが足りないような印象です。

側面形です。ハセガワは後発だけあってウインカーレンズ等はクリアーパーツです。
ただ、フロントウインカーのリフレクターももう少し再現してほしかったような・・・。

ボディ比較は終わって、タイヤの比較です。

タイヤの比較です。
向かって左から、①ハセガワ、②タミヤ(フロント,リア)、③タミヤR32 GT-Rです。
タイヤ幅はそれぞれ、①10.0mm、②F=12.2mm,R=13.6mm、③12.3mmでした。
実車のタイヤサイズは前後とも225/50R16 92Vなのでハセガワのが一番近いですね。
タミヤのはなぜかF,Rのサイズが違って、NSX TypeS(F=245/35ZR19,R=305/30ZR20)よりも広いですね。
測定誤差もありますが、パターンから見て②Fと③は同じものですね。
(因みにタミヤ R33 GT-Rのタイヤも③と同じようです。)

キット総評としては、アイテムとしても「2by2」で意表を突いたもので、全体プロポーションとしても良さそうなので、Z32のキットとしてはベストと思います。

ただし、スケールキットとしては正しいのでしょうが、全体的にモッサリした印象です。これを補正するためには、もう少しエッジを利かせてメリハリを付けた方が良いような気がします。

 

ということで、こちらも近いうちに着手したいと思っています。

資料本は ↓ です。

製作用の資料本です。

では、また。


 

1/12 BEEMAX LOTUS 99T #0 キットレビュー

こんばんは。

 

巷でも取り上げられていますが、BEEMAX 1/12 LOTUS 99Tがやっと発売されました。

私も2022年4月頃に予約していましたが、数度の発売延期の後、やっと入手できました。

BEEMAXのキットは以前に1/24クレマーポルシェ935K2を製作しましたが、日本製キットに遜色ないものでした。

クレマーポルシェ935 K-2 #1 - プラモタイムカプセル

 

さて、1/12ビッグキットではどうでしょうか?

 

では、キットの紹介をしていきましょう。

先ずはボックスから。

ボックスアートです。どこかで見たような・・・特に上の絵は。

箱側面のキットの説明文です。

同じく、使用する塗料の説明です。

説明書です。タミヤっぽいですねぇ。

説明書の中身です。

ボックス内の部品の状態です。

では、部品の一部を紹介します。

モノコック&ボディカウルです。

ボディカウル裏側です。肉厚が薄いですね。

ボディ関連部品とエンジンブロック等です。

シャシー,ホイール、その他部品。

その他部品2。エンジン、足回りパーツ等。

箱詰め部品とタイヤです。
左上の袋入りプラパーツがサスペンションアームです。
この部品の強度的な煮詰めが発売遅れに繋がったと推測しますが。

キット付属デカールとシートベルトです。
シートベルトもタミヤオマージュ?

キットの内容だけでは「LOTUS」ロゴしか無く、いわゆる「タバコロゴ」が付属していません。なおかつ、セナ専用車(No.12)です。

 

これでは物足りないので、ディテールアップ用オプションパーツも購入しました。

続いて紹介します。

オプションパーツの箱(右)です。
左は箱のサイズ確認用に置いたキット付属の説明書です。

オプションパーツセットの内容物です。
デカールに気になるロゴらしきものが。

エッチングパーツです。

デカール1。
タバコロゴやラクダがバラバラ事件ですが。大半がカーボンデカールです。

オプションデカールにも中嶋仕様(No.11)は無いですね。

デカール2。
カーボン柄デカールの続きです。
実際はフロアパネルの裏側用のがもう1枚あります。

メタルパーツ等。

1/12キットなので中々作り甲斐がありそうです。

製作に着手の際にはまた報告しますね。

 

では、また。

 

1/12 ランチア デルタ HF インテグラーレ 16V #12

こんばんは。

秋なのに「夏日」が続いて、衣替えをしたり、戻したりして調子がくるいますね~。

でも、これからはやっと涼しくなりそうです。

 

さて、ランチアデルタ製作の続きです。

先ずはフロントサスの組付けを行いました。ここにも「焼止め」箇所があります。

前輪のサスを取り付けました。

タイヤを取り付けて全体のバランスを確認しましょう。

シャシー裏側全体。

ボディも仮に被せてみましょう。

ボディを被せて確認。

正面から。

斜め前から。

斜め後ろから。

ボディを被せると完成に近付いた気がしますね~。

ちょっとタイヤがボディからはみ出し過ぎのような気もしますが、シャシーはこれでOKということにして、ボディの仕上げを進めます。

 

ボディのクリア掛けはずいぶん前に行っていましたので、2000番のサンドペーパーを掛けてからコンパウンドで磨きました。

その後、水洗いを行い、乾燥させます。

コンパウンドを掛けた後、一旦洗浄しました。

それから窓枠塗装のためにボディにマスキングを行います。

デカール貼り付け後なので、なるべく糊の弱いGSIクレオスのマスキングテープをチョイスしました。

窓枠以外をマスキングしました。

窓枠塗装はセミグロスブラックで。

塗装が8割方乾燥後、マスキングテープを剥がします。

 

しかし、ガーン・・・やってしまいました。

貴重なマルティニストライプの一部が持っていかれました。

このキットはイタレリ製なのでスペアデカールの注文ができるか否かわかりません。

仕方ないので、後でマスキングして塗装で補修することにします。

塗装後、マスキングテープに持っていかれました。

幸い、ドアとリアゲートは無事でした。

ドアとリアゲートは大丈夫。

マルティニストライプ部を部分補修しようとしてタミヤの曲面用マスキングテープを貼ったところ、・・・ガ・ガーン・・・・、さらに持っていかれました・・・・・。

デカール剥がれ部分を塗装で補修準備・・・どんどん剥がれます・・・。
(タイヤマンに被っているのは曲線用マスキングテープです。)

デカールはカルトグラフ製なんですが、何故ここまで剥がれるのか・・・?

下地が悪かったのかもしれません。

諦めて切りの良いところまで剥がします。

剥がしてしまえ!

デカールを剥がした跡をサンドペーパーで均し、サーフェーサーを吹いた後、ライトブルーで塗装、マスキングをしてディープブルー部を塗装。

ある程度乾燥後、クリア掛けして何とか見える姿に復旧しました。↓

(途中写真無くてすみません。;いやぁ、タイヤマンが無事でよかったぁ!)

ライトブルーとディープブルーで塗装補修完了!

因みに、マルティニストライプの各色の調色は以下の通りです。

ライトブルー:#323ライトブルー+#34スカイブルー少量、

ディープブルー:#328 ブルーFS15050+#326ブルーFS15044+#67パープル少量、です。

 

思わぬトラブルに巻き込まれましたが、何とかリカバリできました。

フロントグリルや灯火類等、まだまだ、工作は続きます。

 

では、また。

 

1/12 ランチア デルタ HF インテグラーレ 16V #11

こんばんは。

朝晩涼しくなって、いよいよ収穫の秋になってきましたね。

 

ではランチアデルタの製作の続きです。

 

今回は先延ばしにしていたエンジンルームのパイピングに入ります。

キット付属のグレーのΦ1.2mmチューブの代用を探していましたが、前回入手したメッシュチューブ(Φ1mmとΦ2mm)の太さ(直径)はどうも「帯に短したすきに長し」です。

電線の被覆の使用も考えましたが、こちらもあまり良いものが見つかりません。

 

材料在庫を探していると、旧モデラーズの「ラジエーターホース」という名前のメッシュチューブを見つけました。外径Φ1.7mm、内径Φ1.2mmで丁度良さそうです。

この製品はもう入手不可なので温存していたのですが、この機会に「虎の子」を活用することにしました。

 

先ず、指定長さに切ったチューブを指定部分に瞬間接着剤を付けて固定します。

モデラーズのメッシュチューブはガルグレーのような色なので、後から着色します。

前回入手したハイキューのチューブは切った端からほつれるので処置に困ってましたが、この旧モデラーズのチューブは切ってもほつれないのでとってもGoodですね。

パイピング中!

「虎の子」のメッシュチューブはこちら ↓ です。

モデラーズのメッシュチューブです。残りわずかです。

メッシュチューブにメタリックグレーで着色して、固定バンドのつもりのアルミテープを巻き付けます。

その後、補器類を取り付けました。

進めてます。

指定の補器類を取り付け後、エンジン及びラジエターを載せ、ホース類をパイピングししました。

その後、ストラットタワーバーを取り付け、プラグコードをパイピングして一段落です。

やっとエンジン載せられました。
パイプのジョイント部はメタリックブルー&レッドで塗装してそれらしくデッチアップしてます。

別角度から。

エンジンを載せると、完成に一歩近付いた気がしてきますねぇ。

でもエンジンはマウント?の足1本と排気管とプロペラシャフトだけで支えられていますが・・・。

 

今回は写真が少ないですがここまでです。

今後は前輪のサスペンション周りを取り付けて、ボディの仕上げに入っていきます。

 

では、また。

 

1/12 ランチア デルタ HF インテグラーレ 16V #10

こんばんは。

三連休はいかがお過ごしでしたか?

当方は専ら家の片付けでした・・・。

最近手が止まりがちだったので、キットもどんどん片付けなければいけませんね。

 

さて、ランチアデルタ製作の続きです。

 

先ずは前回取り付けたシートベルトのまとめを行いました。

シートの形に馴染ませるために弱めの接着剤でシートに固定します。

ベルトの垂れ下がりは、重力が掛かっているように見えるようにドライヤーで熱しながら癖を付けていきます。
(リボンに瞬間接着剤をかなり浸み込ませてあるので半ばFRP状態なのです。)

 

その後、ステアリングホイール、スペアタイヤを取り付けました。

結果は以下の通りです。

シートベルトをまとめました。

フロント側から見るとこの通りです。

前方から。

リヤから見るとこの通りです。

この角度からだとダッシュボードが良く見えますね。

ステアリングホイール中央のランチアエンブレムはデカールを貼った後、UVレジンで覆って立体感を出しました。

後方から

室内はほぼ完成しましたので、次にリヤサスペンション周りの仕上げに移ります。

下の写真は組み上げ後です。

トレーリングアーム基部はイタレリさん得意の「焼留め」テクノロジーを駆使するよう指示があります。

私は直径2mm程度のクギの先をピンバイスで挟み、クギの頭側をライターで焙り、若干冷やした後に対象に押し当てて「焼留め」しました。

ただし、さすがに最近のキットなので強度の必要な場所は金属ビスを使用して固定するようになっています。

リヤサスペンション完成しました。

真下から。
等速ジョイントのカバー部は軟質樹脂でできており、回転にも追従します。

ということで、今回の製作はここまでです。

 

今後はパイピングの準備をしてエンジンを載せ、各所を接続してエンジンルームを完成させます。その後でフロントサスペンションの仕上げに移る手順です。

 

次回取り掛かる「パイピング」の材料としてメッシュパイプ(商品名はメッシュワイヤーとなっていますが。)を数種仕入れてみました。

このキットで使うかどうかはまだわかりませんが、F1モデル等では多用しそうなので。

メッシュパイプ数種です。

では、また。

 

1/12 ランチア デルタ HF インテグラーレ 16V #9

こんばんは。朝晩はやっと秋の気配が見えてきましたね。

 

では、ランチアデルタの製作の続きです。

室内の仕上げを進めていきます。

まずシートベルト作成の準備から。

 

キットにはエッチングパーツのシートベルト金具が付属していますのでこれを切り出します。

でも、材質が洋白みたいで厚みも薄く変形しやすいので取り扱いには注意が必要です。

エッチングパーツを切り出しました。

ベルト用には赤色のリボンが付属していますので、説明書に指定された長さに切って組み立てます。ただし、長さの指定が糊しろ込みなのか、金具を通すだけでよいのか不明瞭な部分もあります。私は全て切り離してしまいましたが、特にシート両横のベルトは全体の長さで切っておいて金具を所定の長さ指定に合わせて通すだけで良かったようですね。

というように紆余曲折あって、何とか完成しました。

リボンを通して各ベルトを作成しました。

完成したベルトをシャシーとロールケージに固定していきます。

内側の肩ベルトはシャシー後端から伸ばした金具に接続します。

シート横のベルトはシャシーにピンを打って固定します。

肩ベルトには付属のデカールを貼って艶消しクリアでコートしておきます。

ベルトをシャシーに固定しました。

外側の肩ベルト後端もロールケージにピンを打って固定します。

ロールケージ側にも固定しました。

股間のベルトは基部金具をシートに固定して、踊らないように(及び後で剥がせるように)ハイグレード模型用セメダインで接着します。

シートにも固定しました。

シャシー側の準備として、シャシーに取り付ける操作レバー(シフトレバー、ハンドブレーキ)を仕上げていきます。

ハンドブレーキレバーの基部のイモムシは???・・・スプリングのようですね。

シフトレバーとハンドブレーキです。

ハンドブレーキのレバー基部のスプリングはちょっと・・・ですので、実物のスプリングに置き換えます。

シフトレバー、ハンドブレーキを塗装しました。
ハンドブレーキのスプリング部は1mm径のスプリングを切って置き換えました。
マチ針の頭はシフトレバーのグリップに使用します。

仕上げた操作レバー類をシャシーに接着後、シート固定、ロールケージをシャシーに接着しました。

シート及びロールケージをシャシーに接着してシートベルトを整え中です。

別角度から。

まだシートベルトの長さの調整が必要です。その後、リアルな方向に整えていきます。

その辺りは次回以降で。

 

では、また。