プラモタイムカプセル

主にカーモデルのプラモ製作記録です。守備範囲は70年代から90年代のレーシングカーとラリーカー、スーパーカー、いわゆる「旧車」のロードカーなどです。

マルティーニ・ポルシェ 936ターボ #2

こんばんは。ポルシェ936の続きです。

サーフェーサー吹きの後、そのまま塗装に入ろうかとも思いましたが、ボディ一体の燃料給油口のモールドが気になるのでもう少し手を入れることにしましょう。

f:id:kmrz:20210509232924j:plain

燃料給油口のメリハリを付けます。モールド中央部にΦ2mmの孔を開けます。裏側から直径を孔に合わせたプラ棒を差し込みます。(右側2箇所)

f:id:kmrz:20210509233007j:plain

左側のツマミ付キャップも今一つなので、ドリルでさらって削り落とした後に、プラ棒と真鍮板を組み合わせたキャップを自作して取り付けることにします。

f:id:kmrz:20210509233046j:plain

本体に合わせてみます。ただし、接着はボディ塗装とデカール貼りが全て終わった後ですが。

次に懸案事項のヘッドライトを何とかしましょう。

アルミ製のライト反射鏡パーツも市販されていますが、手持ちにサイズの合うものが無かったので、3Dプリンタで自作することにします。

f:id:kmrz:20210509233246j:plain

まず、3D CADでモデリングして、STL形式でエクスポートします。

f:id:kmrz:20210509233311j:plain

スライシングソフトに読み込んで、サイズ調整してスライスします。

今回は、直径(大)6.60mmと(小)6.25mmで作ってみます。予備含め各8個ずつです。

相似形のサイズ違いのものを作る場合、3Dプリンタは便利です。

f:id:kmrz:20210509233331j:plain

プリント出来上がりです。手抜きでベタ打ちしたので、中央の電球用孔は埋まってますが。

f:id:kmrz:20210509233703j:plain

ボディのライト取り付け場所を彫り込みます。

f:id:kmrz:20210509233409j:plain

サイズが合うものを選び合わせてみます。今回は「小サイズ」のものが合うようです。
下のライトカバーは表裏をペーパーで均し中。

f:id:kmrz:20210509233453j:plain

ボディ色を塗装しました。使用カラーは「1/12 ポルシェ935」の残りを使っています。

もう少しでデカール貼りに入れるかと思いきや、塗装後にトラブル発生。
乾燥中のリヤウイング水平板を移動中にクリップから弾き飛ばして紛失してしまいました。
あんなに大きなものなのに! 絶版なのでパーツ請求も出来ないし!
そのため土曜夕方から緊急大掃除中です。 とほほ・・・。

では、また。

マルティーニ・ポルシェ 936ターボ #1

こんにちは。コロナ自粛でお疲れのところ、GWいかがお過ごしでしょうか?

次に取り組むのはこれにしました。またまた「ポルシェ」シリーズです。

f:id:kmrz:20210503103648j:plain

ベンホビー ポルシェ936ターボです。

「ベンホビー」というメーカーはご存知ない方も多いでしょうが、主にタミヤさんの1/24スポーツカーシリーズや1/100ミニジェットシリーズ等の金型を使ったキットや一部オリジナルのキットを販売していたようです。私も店舗販売されていた商品の記憶はありますが、手持ちはほとんどありません。このキットも近年、某オクで入手したものです。当然、タミヤ金型のキットと知っていたので落札した訳ですが。

タミヤ当時の1/24スポーツカーシリーズで「ポルシェ936ターボ ・ルマンタイプ」は「No.4」(=ITEM24004)となっており、「No.3 ランチアストラトスターボ」と「No.5 カウンタックLP400」の中間となっています。このことからタミヤでの発売は1977~78年頃であったと推定されます。

因みに同シリーズの「ITEM24012 マルティーニ・ポルシェ936-78ターボ」のキットは当初ITEM24004(タミヤ版936ターボ)の金型改修品とも思っていましたがボディ形状やNACAダクトの位置や数も全く違うので新規に作り起されたもののようです。

ベンホビーのキットのデカール(年代物なので使えないでしょうが)によるとこのキットは1987年製造のようですので、タミヤでの生産休止以降、金型をベンホビーに譲渡されたものと思われます。このため再販もされない(できない)のでしょうか。(その他、今の目で見ると厳しい部分も多々ありますが)

では、キットの確認、前処理を進めていきましょう。

f:id:kmrz:20210503120646j:plain

ボディ&シャシー~ 年代物ですのでパーティングラインがキツイですね。

f:id:kmrz:20210503120725j:plain

前方から~ 運転席後ろのインダクションポッドの空気取り入れ口が塞がってます。ヘッドライトがプラの不透明部品なので置き換え予定です。

ここから加工開始です。ボディから下拵えを進めましょう。

f:id:kmrz:20210503120832j:plain

インダクションポッドを開孔。リヤウイング裏の押し出しピン跡は黒瞬着で埋めました。ヘッドライトカバー固定用のスリットはプラ板片を差し込んで黒瞬着で埋めました。各所のパネルラインはスジ彫りをなぞって深くしておきます。

f:id:kmrz:20210503121713j:plain

ヘッドライトカバー~ クリア部品の固定用ベロ?を切り取りましょう。

f:id:kmrz:20210503121741j:plain

切り取り・成型後、合わせてみます。まずまずです。

f:id:kmrz:20210503121808j:plain

フロントのオイルクーラー?取り付け部のピン跡も埋めました。

f:id:kmrz:20210503121836j:plain

テールランプ~ モールド表現なのでクリアー部品に置き換えましょう。

f:id:kmrz:20210503123730j:plain

モールド部を切り落として整形、ボディに接着しました。

f:id:kmrz:20210503123838j:plain

レンズ部はクリアーランナーを削って作成しました。

f:id:kmrz:20210503121900j:plain

インダクションポッド部にパテ盛り、

f:id:kmrz:20210503121933j:plain

削りました。

f:id:kmrz:20210503121959j:plain

ボディ後端下部にもパテ盛って、

f:id:kmrz:20210503122020j:plain

削りました。

f:id:kmrz:20210503123953j:plain

整形後、サフェイサーを吹いて確認。OKとします。

シャシーもあまり手を加えるつもりは無いですが、モーターライズの痕跡は薄めたいと思います。一番は平ギヤなので、取り除きます。

f:id:kmrz:20210503121614j:plain

シャシー裏~ 平ギヤが目立ちます。

f:id:kmrz:20210503121636j:plain

ギヤを抜きます。代わりにポリキャップ2個はめてみます。

f:id:kmrz:20210503121655j:plain

シャシーに対してほぼ中央に収まったので、いい感じ。後はボディを被せた後微調整します。

このマシンもレース毎に細部仕様が異なるようです。

しかし、あまり資料も残っていなくて詳細もわからないので、雰囲気重視でいきたいと思います。

では、また。

マツダ サバンナRX-7(SA22C) #3 完成!

こんばんは。

連投ですが、サバンナRX-7の完成披露です。


キット: タミヤ 1/24スポーツカーシリーズNo.16

     マツダ・サバンナRX-7 サンルーフタイプ

完成年月: 2021年4月

コメント: サバンナRX-7実車は1978年3月に発表され、1980年11月にマイナーチェンジを受けています。タミヤのキットも実車の発売に合わせて初期バージョンが発売され、マイナーチェンジ後にキットも改修を受けて初期バージョンは絶版になったようですね。したがって、このキットも40年選手ということになりますので、モーターライズ故の後席の上げ底など、再現度の点で厳しい面もありますが、全体の雰囲気は良く出ていると思います。車体前部のウインカー等は透明部品ではなくモールド表現ですが、作り直しも大変ですので、キット通りに仕上げました。細部のキーホール部等は虫ピンの頭を削り、側面をセミグロスブラックで塗装後、ボディに差し込んでいます。
ボディ塗装はガイアカラー009ブライトシルバーにブラック少量加えたもので塗装後、ガイアEXクリアーでオーバーコート、研ぎ出しを行っています。

f:id:kmrz:20210425212914j:plain

左前方から~ やはり初代RX-7はこの角度がカッコイイですね。

f:id:kmrz:20210425212938j:plain

左側方から~ ドア、フーエルリッドのキーホールは虫ピンの頭で再現しています。

f:id:kmrz:20210425213005j:plain

左後方から~ リヤウインドウ部はキットでははめ込み指定ですが、浮き上がりもあるので低白化瞬着で固定しています。

f:id:kmrz:20210425213026j:plain

後方から

f:id:kmrz:20210425213051j:plain

右後方から~ フェンダーミラーのミラー面はハセガワ 鏡面用フィニッシュを貼っています。(「限定品」とありますので、現在入手可能かどうかは不明です。)

f:id:kmrz:20210425213115j:plain

右側方から

f:id:kmrz:20210425213136j:plain

右前方から

f:id:kmrz:20210425213204j:plain

正面から~ 車検シール、点検シールは元々ウインドウ裏側から貼る仕様になっています。さすが、タミヤさん。

f:id:kmrz:20210425213226j:plain

左前方から~ ヘッドライトオープン!

f:id:kmrz:20210425213311j:plain

正面から~ ヘッドライトのリッド部の厚みが目立ちますが、ここを薄々にするのは大変なので、・・・。

f:id:kmrz:20210425213344j:plain

ヘッドライト点灯!~ 電球色LEDの光の色合いはいいですね。

f:id:kmrz:20210425213416j:plain

左前から

f:id:kmrz:20210425213459j:plain

右前から

最近のフツーに作るだけでも大変なキットに比べ、旧キットを弄るのも楽しいですね。

お手付きのキットはまだまだありますので、進捗があればまた紹介しますね。

では、また。

 

マツダ サバンナRX-7(SA22C) #2

こんばんは。

サバンナRX-7の続きです。

ヘッドライトを開閉していると、どうも「閉」時に締まりがありません。

f:id:kmrz:20210425210407j:plain

リトラがもう少し閉まり切りません。リード線は細いものを使っていますが、どうしても弾力で浮き上がってしまいます。

f:id:kmrz:20210425210435j:plain

したがって、マグネット固定にしていきます。フロア側から操作するレバー付け根の可動部とボンネット裏側の間にマグネットを仕込みます。
まず、マグネット2個を重ねてボンネット裏側に接着します。

f:id:kmrz:20210425210527j:plain

可動側のマグネット固定部をプラ板で作り(写真の下方の台形パーツ)、レバーとマグネットを固定します。
マグネットに挟んでいるのは「遊び」を無くすためのプラ板片です。

f:id:kmrz:20210425210617j:plain

リトラはマスキングテープで仮固定して、

f:id:kmrz:20210425210649j:plain

開閉レバー側のマグネットをレバー基部に瞬間接着剤で固定しました。(写真は接着硬化後、ライト「開」状態にしたところです。)

f:id:kmrz:20210425210822j:plain

マグネット化の後の閉まり具合。「遊び」を吸収したら若干閉まり過ぎかも。まあ、こんなもんでしょう。

f:id:kmrz:20210425210912j:plain

ライトの点灯テスト、OK。写真の右側が実際の下方向です。

f:id:kmrz:20210425210948j:plain

ヘッドライトオープン、点灯状態。

f:id:kmrz:20210425211027j:plain

ヘッドライトを閉じたところです。

これで完成にしましょう。

予定延長になりましたが、次回、完成披露です。

少々お待ちを。

マツダ サバンナRX-7(SA22C) #1

こんばんは。

今回は組立途中品の仕上げを行います。

取り上げるキットは「タミヤ 1/24スポーツカーシリーズNo.16 マツダ・サバンナRX-7 サンルーフタイプ」 です。

f:id:kmrz:20210425005600j:plain

キットの箱です。

キットはモーターライズ仕様ですが、当然ディスプレイ仕様で作ります。
車体の大部分は完成していましたが、モーターライズに加えて「ムギ球」を仕込めばヘッドライトも光らせることができるようになっていました。

ライトだけは光らせたいところですが、ここで手が止まっておりましたので、再開しましょう。

光らせるための部品を準備しましょう。

f:id:kmrz:20210425010524j:plain

100円ショップのLEDセンサーライトです。

f:id:kmrz:20210425010619j:plain

開封したところ。

f:id:kmrz:20210425010644j:plain

動作確認、OK。

f:id:kmrz:20210425012940j:plain

分解しました。電池ボックス部とリードスイッチ(磁石に反応するスイッチ)部を使います。

f:id:kmrz:20210425010748j:plain

こちらも100円ショップのLED球です。
ボトルの口に差してインテリアランプにする用途だったかと。

f:id:kmrz:20210425010812j:plain

動作確認。電球色でハロゲン球の光源の色としては適切かと。

f:id:kmrz:20210425010847j:plain

LED球を切り離して細いリード線をハンダ付けします。

f:id:kmrz:20210425010941j:plain

LEDをライトパーツへの固定のため合わせてみます。ヘッドライトレンズの中央に来るように位置調整します。

f:id:kmrz:20210425011043j:plain

位置が決まったらUVレジンを流してUVライトで固めます。

f:id:kmrz:20210425011112j:plain

左右、固定しました。

f:id:kmrz:20210425011334j:plain

ボディへの組付けを考えます。(ここでボディ&シャシー初登場!)
センサーライトの電池ボックス部を切り離してエンジンルームに組み込みます。
シャシーに5mm角棒を接着、孔開けして元のライトのネジで固定することにします。

f:id:kmrz:20210425011451j:plain

配線を繋ぎました。リードスイッチはガラス管なので取り扱いはやさしく。

f:id:kmrz:20210425013609j:plain

ライトユニットの取り付け部を確認します。

f:id:kmrz:20210425013653j:plain

取り付けてみましたがリトラがきちんと閉まりません。
ライトユニット出口に熱収縮チューブがはみ出して突っ張っていたようです。

f:id:kmrz:20210425013802j:plain

熱収縮チューブのはみ出し部を切り取り、ライトユニットに切り込みを入れ配線を横に出し、開閉に支障が出ない位置でまとめました。
因みにリードスイッチはボタン電池前よりの下に固定しています。

これでほぼ完成(のはず?)です。

次回は完成披露予定です。

では、また。

アンフィニ RX-7(FD3S )

こんばんは。

新型コロナ感染者も各地で過去最多を更新しており、心配な状況が続いていますね。

皆さま、ご注意くださいね。

 

さて、前回に引き続きRX-7製作ネタです。

キット: アオシマ 1/24 ザ・ベストカーGTシリーズ 90
     アンフィニ RX-7 typeⅣ

完成年月: 2021年4月

コメント: こちらもアオシマさんのFD3S RX-7のバリエーションキットです。
タイプも前回のFD3Sトロールカーと同じですが、パッケージは「アンフィニ」表記の通り前期型ですが、「マツダ」のデカールも選べます。キットの特徴は前回同様ですので、サイドウインカーもUVレジンで作成しています。
かなり前から製作に入っていましたが、ボディ塗装後に途中で(2年程?)放置、パトカー製作開始時から再開、並行製作していましたが、何とか完成しました。

塗装は黄色系のオリジナルカラーにしていますが、何となく旧デミオの色に近い(もっと淡いですが)のがあったような気もします。
因みに塗料はMr.カラー GX4キアライエロー+#58黄橙色+GX1クールホワイトで調色したものと記憶しております。
でも、再調色したものは色味が違っちゃいました。わかりますよね。

クリアーコートはガイアEXクリアーですが、こちらは厚く吹いたのでスジ彫りが埋まってしまい、スミ入れがちょっと失敗です。

f:id:kmrz:20210424202952j:plain

斜め左前から~ 

f:id:kmrz:20210424203006j:plain

左側方から~ ホイールはメッキ剥がし後、タミヤラッカー塗料LP-63チタンシルバーで塗装してみました。

f:id:kmrz:20210424203021j:plain

左斜め後ろ~ スミ入れ切れてるところも・・・。

f:id:kmrz:20210424203038j:plain

後方から~ テールランプの塗分けは残念ながら見えません。
アンフィニロゴや車名デカールはクリア層の下なので劣化の心配はないでしょう。

f:id:kmrz:20210424203057j:plain

右斜め後ろから

f:id:kmrz:20210424203112j:plain

右側方から~ ホイールセンターのデカールロゴは何故かマツダの「M」マークです。
(保管中にアンフィニデカール行方不明のためですが。)

f:id:kmrz:20210424203126j:plain

右前から~ ここにもスミ入れ不良が!

f:id:kmrz:20210424203143j:plain

正面から~ ランプ類の反射鏡部分はミラーシールを貼っています。

f:id:kmrz:20210424203202j:plain

右上方から~ 車検シール、定期点検シールもウインドウ裏側から糊を本来の表面に付けて貼っています。

少々塗装での失敗もありましたが、何とか完成できて満足です。

組み立て途中品はまだまだありますので、次回もこのシリーズで。

では、また。

 

マツダ FD3S RX-7 レーダーパトロールカー

こんばんは。

連投ですが、最近作を紹介いたします。

キット: アオシマ 1/24 ザ・モデルカーSP
     マツダ FD3S RX-7 レーダーパトロールカー '98

完成年月: 2021年4月

コメント: アオシマさんのFD3S RX-7のバリエーションキットです。
キットでは、埼玉県警、宮城県警、栃木県警、群馬県警千葉県警新潟県警京都府警の7種を選択できますが、今回は箱絵にもなっている埼玉県警を選択しました。選択する車両によってプレート番号、マーキングだけでなく、赤色灯間のレーダー装置の有無も異なります。

アオシマさんのFD3Sキットの特徴?として、ボディにモールドされたサイドウインカーの左右の高さが何故か1mm以上異なります。したがって、おゆまるで型取りした後、削り落としました。ボディ塗装後、透明UVレジンで作成してオレンジで塗装したものに取り替えています。

フロントスクリーン含めて車外装備品の取り付けは位置合わせと強度の確保のため真鍮線で軸打ちしました。これらの接着には主にタミヤ多用途接着剤を使用しています。

塗装基本色は、ホワイト部:Mr.カラー GX1 クールホワイト70%+#69レーシングホワイト30%、ブラック部:Mr.カラー #2ブラックです。デカール貼り後、クリアコートはガイアノーツ EXクリアーです。

f:id:kmrz:20210417184213j:plain

左前から~ こんなパトカーに追いかけられたくないですねぇ。

 

f:id:kmrz:20210417183957j:plain

左側方から~ サイドウインカーはUVレジン製です。ホイールは元のメッキのままです。

f:id:kmrz:20210417184012j:plain

左後方から~ 左後部のアンテナは真鍮線(0.7mm)+スプリング(1mm;基部)に置き換えました。これで力が加わっても折れません。

f:id:kmrz:20210417184027j:plain

後方から~ リヤコンビネーションランプは説明書通り塗分けていますが、スモークを掛けているため写真ではよくわかりませんね。

f:id:kmrz:20210417184040j:plain

右後方から

f:id:kmrz:20210417184057j:plain

右側方から

f:id:kmrz:20210417184114j:plain

右前方から

f:id:kmrz:20210417184133j:plain

正面から~ 「桜の代紋」パーツは裏側から削り薄くしています。塗装はMr.メタリックカラーGX209 レッドゴールドで塗装後、タミヤエナメルXF-1でスミ入れ。

f:id:kmrz:20210417184155j:plain

左上方から

f:id:kmrz:20210417184448j:plain

コクピット~ 助手席の無線マイクのコードは真鍮線で作り直しています。(よく見えませんが)

f:id:kmrz:20210417184504j:plain

こちらの写真の方が良く見えるでしょうか。

f:id:kmrz:20210417184247j:plain

よく見えるように背景を変えてみました

f:id:kmrz:20210417184326j:plain

もう1枚

トロールカーも作ってみれば面白いですね。やはり定番はクラウンですかね。
そのうち作ってみたいですね。

では、また。